2020-08-18

北海道税理士政治連盟(名越隆雄会長)は、6月26日、札幌市の税理士会館において高橋はるみ参議院議員との意見交換会を開催しました。北海道税政連からは名越会長はじめ正副幹事長6名と北海道税理士会より須藤副会長、髙山専務と出席しました。

谷幹事長の進行により名越会長の挨拶にひき続き高橋はるみ参議院議員が挨拶され、松井政策委員長より日税連の「新型コロナウィルス感染症の影響に伴う税制改正に関する建議書」から欠損金の取り扱いの拡充について(法人税)、純損失等の取り扱いの拡充について(所得税)、中小企業経営強化税政の適用要件の緩和、役員給与の改定(法人税)、債権放棄が行われた場合の取扱い等について説明が行われ、理解と協力を求めました。また、今回の新型コロナウィルス感染に伴う持続化給付金等の申請に関する問題点・現状等について意見交換をし、最後にオブザーバーとして出席した北海道税理士会の須藤副会長の挨拶をもって終了しました。

令和3年度税制改正に関する要望(32項目)
令和3年度重点要望(10項目と上記の最重要項目)
○新型コロナウイルス感染症の影響に伴う税制改正に関する建議書の概要

高橋はるみ参議院議員

あいさつする北海道税政連の名越会長


Copyright© 日本税理士政治連盟 All Rights Reserved.