政策担当秘書制度に関する陳情を行いました

カテゴリー: 活動状況, 陳情等報告 

  日税政は、議員会館において、衆議院議院運営委員会理事と各党の国対委員長に対して、政策担当秘書の資格取得制度見直しに関する陳情を行いました。
  内藤政策委員長、渡邉国対委員長、中川副幹事長、坂田政策副委員長と遠藤国対副委員長が、日税連の神津会長とともに、議員に面会のうえ要望書を手交し、政策担当秘書の資格取得について、選考採用審査認定を受けることができる者の要件に税理士を加えることについて要望しました。陳情した議員は次のとおりです。
6月2日 大塚高司議員、木原誠二議員
6月6日 長島忠美議員、泉健太議員、牧原秀樹議員
6月7日 髙木毅議員、山井和則議員

「政策担当秘書制度に関する要望書」

木原誠二衆議院議員に要望を手交

木原誠二衆議院議員に要望を手交

大塚高司衆議院議員に要望を手交

大塚高司衆議院議員に要望を手交

長島忠美衆議院議員に要望を手交

長島忠美衆議院議員に要望を手交

牧原秀樹衆議院議員に要望を手交

牧原秀樹衆議院議員に要望を手交

泉健太衆議院議員に要望を手交

泉健太衆議院議員に要望を手交

髙木毅衆議院議員に要望を手交

髙木毅衆議院議員に要望を手交

山井和則衆議院議員に要望を手交

山井和則衆議院議員に要望を手交


2017-06-13
Copyright(c) 2017 日本税理士政治連盟 All Rights Reserved.